台湾発明特許出願の流れ

発明特許の出願案は形式審査を経たのち、規定の様式に符合しない点がなく、且つ公開しない事由がなければ、出願日から18か月後に公開されます。 発明特許の出願日から3年以内に、だれでも審査請求をすることができます。審査請求をさ…

View Details

台湾商標登録出願の流れ

商標登録出願後、形式審査及び実体審査に入ります。形式審査の事項がそろい、実体審査の事項に登録を付与しない事情がなければ商標登録がされます。 出願人が登録費を納付すると、登録が公告され、登録証が発行されます。 出願人が期限…

View Details

第三者に対する実施権者の対抗

台湾では、「特許権者が自己の特許権について他人に実施権を許諾する場合、実施権を台湾特許庁に登録しなければ、実施権者は第三者に対抗することができない」と専利法第62条第1項、2項で規定されています。 第62条 発明特許権者…

View Details

グレースピリオド(新規性/進歩性喪失の例外)

発明特許の出願まえの「出願人の本意でなされた公開」及び「出願人の意に反してなされた公開」の日から12か月以内(実用新案も12か月、デザインは6か月)に特許出願をしたものは、上記公開行為は新規性及び進歩性喪失の事由の例外と…

View Details